Mystyblue’s graffiti

好きなものを淡々と雑記。

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』が格好良すぎたので気まぐれレポ

昨日は、大学で同ゼミの友達と『22年目の告白 私が殺人犯です』を見になんばパークスシネマへ~(⌒∇⌒)前々から見たいと思ってたから、上映前から期待値が高まってしょうがなかった!見終わってもまだまだ熱は冷めやらない!憎しみと執念と熱量を煮込んで一つにしたような、すごく良い感じの映画。映像効果も配役もgood…👍時代設定ごとに画質が変わっててどうやって画面作ってるのかとっても気になった。映像が凝った映画大好き。

最大の興奮ポイントは、仙堂キャスターと曾根崎雅人が対峙する場面。グロテスクな事件との対比で後半の展開が色んな意味で痺れた(o^―^o)すごく好みの急展開っぷり!

私が今まで見てきた作品では、仲村さんは何故かいつもそういう役回りが多い。チームバチスタの白鳥さんみたいな役も好きだけど、何考えてるか分からない、謎を呼ぶような役を演じるときにあの鋭い目がすごい効いてると思うの!!!!ああいう弥生顔?しょうゆ顔?というかあっさり目の顔だと腹に一物ありそうな感じになって良いよね。ミステリアス。

藤原さんはカイジと清丸のイメージが強いんだけど、今回は美形の殺人犯ということで。曾根崎雅人の登場シーンなんか本当に役者さんの舞台挨拶レベルの待遇。事件をまとめた手記の話題性がどれほどなのか、このシーンで大体わかる。サイン会も開く。ラインスタンプも出る(ここは笑った)。

ジャニーズみたいにもてはやされる。そんな存在になった曾根崎に対して、事件の真実を追う牧村刑事と仙堂キャスター。

追う者と追われる者がキーワードになってくるようなストーリーでした…。

しかしまあ本当に、藤原さんも仲村さんも、あの低音voiceであんな台詞言っちゃいけないし長い手足であんな動作しちゃいけない。耽美すぎt格好良すぎて何かに目覚める惚れる人が続出する。

この映画が個人的に仲村さん・藤原さんが演った役の中で1番好きになった。こんなお耽美…じゃなくてギャップ萌え鑑賞要素の多いサスペンスは初めてだ。…なんでパンフレット買い忘れたんだろう???DVD買おうか考えてしまう…!

今回の結論:藤原竜也に絞められたいカッコいい&仲村トオルのこういう演技もっとください!仙堂キャスターのキャラ展開の仕方に全編に渡って惚れた人とは美味しいコーヒーが飲めると思う!

詳しい全貌は映画館で!!それでは良いシネマライフを!👋